第4回 INAZUMA×キルトジャパン 持ちたい・作りたい私のバッグ キルトバッグコンテスト入賞作品発表

キルトジャパン2017年10月号秋で募集したバッグコンテストに、たくさんのご応募ありがとうございました。写真審査の第一次審査、その後キルト作家の小関鈴子さん、植村株式会社、キルトジャパン編集部による現物審査を経て、入賞作品が決まりました。個性豊かでアイデアに富んだバッグの数々。楽しい持ち手使いのバッグを発表します。

撮影/森谷則秋

画像をクリックすると拡大してご覧いただけます

グランプリ

グランプリ

「輝」持ち手 BM-3890 #25焦茶

馬壁裕子

作者のコメント
まだまだ輝きを持って仕事をしていければと自分に話しかけてくれるバッグと思い制作しました。キルトジャパンなどの資料が入るサイズに仕上げました。
審査員より
デザイン、仕立て共に持ちやすそうで丁寧に作られていました。 モノトーンにところどころきき色が入った配色もいいですね。

優秀賞

優秀賞

「スタイルチェンジ バッグ」持ち手 YSM-4912 #2赤

齋藤博子

作者のコメント
毎日、洋服は気分によってお着替えします。ある時はシンプルに、ある時はシックに、ある時は華やかに! バッグの共布で作ったお花のブローチで多様に演出できる素敵なバッグができました。(コメント一部抜粋)
審査員より
さまざまな素材をきれいにパッチワークし、持ち手の色と合わせて赤をアクセントに使っています。シンプルな方がバッグとしては持ちやすいと思います。

INAZUMA賞

INAZUMA賞

「孔雀の羽根のトートバッグ」持ち手 YSM-6611 #13オリーブ

岩本信代

作者のコメント
前面に羽根の刺しゅうをし、マチは緑色の布を縫い合わせてミシンキルティングしました。
審査員より
細部にまでこだわった、完成度の高いバッグです。グリーンの持ち手がよく合います。

「よ~く見てね♥バッグ」持ち手 YSM-4912 #2赤

出海百合

作者のコメント
その日の気持ちでいろいろな刺しゅうをしてみました。難しい技法は使っていません。(コメント一部抜粋)
審査員より
配色がかわいらしく、ほのぼのとした楽しさが伝わってくるバッグだと思います。

小関鈴子賞

小関鈴子賞

「la poche」持ち手 YSM-4912 #2赤

野﨑智恵美

作者のコメント
外に5個、内に2個のポケットを製図しました。A4サイズがすっぽり入り、外のポケットにはペットボトルが入るとても便利なバッグです。(コメント一部抜粋)
審査員より
機能的で仕立てもしっかりとしており、持ちやすいバッグだと思います。

キルトジャパン賞

キルトジャパン賞

「シックなBlack Bag」持ち手 YAT-4868 #1354茶/オリーブ

東 京子

作者のコメント
水玉模様の黒コーデュロイに、光る素材の色々なパーツや布を使って持ちやすいバッグを作りました。
審査員より
素材の選び方が秀逸で、質感の異なるもの同士を違和感なくまとめています。

佳作

佳作

入選

入選

今回のテーマとなったINAZUMA製品の持ち手

今回のテーマとなったINAZUMA製品の持ち手

その他誌面で募ったコンテストアーカイブはこちら